秋の交通安全週間が、21日から、10日間始まりました。
運動重点
秋の交通安全運動では,本格的な高齢社会への移行に伴う高齢者の交通事故情勢に的確に対処するため,「高齢者の交通事故防止」を運動の基本とするほか,次の重点を定める。

全国重点

  1. 飲酒運転の根絶
  2. 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  3. 後部座席を含むシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

と、なっています、気おつけて運転を、お願いいたします。


21日朝は、児童が登校する、交通状況等と、主要交差点の警備を行いました。
最近、円山当たりでは、公園でも子供の声がしないのですが、
町会内で、割と人の出が多い交差点でも、1時間立っていて子供は3人しか通過しませんでした。
この様なので、良いのか??

PS、22日、青山墓地に墓参りをしている間に、駐車監視員にステッカーを貼られてしまった、墓地側が混んでいたので、反対側に留めたら、警察の管轄境界線だった。青山墓地をぐるっとの管轄は、赤坂署、反対は麻布署、、私は麻布署管轄で、ステッカーを貼られてしまいました。
お墓参りに行く方、駐車場のある墓地は良いが、無い方は、少々遠くても駐車場に入れることを、身を持ってお薦めします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+Pin on Pinterestshare on TumblrEmail to someonePrint this page