平成24年(2012)歳末防災警戒

本年もあとわずかですね。
よい新年が迎えられますよう、防火、防犯にご協力ください。

  1. 揚げ物をしているときは、絶対に鍋から離れない。 離れる場合は、必ず火を消してから。
  2. 寝たばこ、たばこの投げ捨ては厳禁です。
  3. 家の周辺には燃えやすいものを置かず、放火をさせない環境づくりを。
  4. 子どもにマッチやライターを持たせない。火の怖さをきちんとしつける。
  5. 電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない。
  6. ストーブには、燃えやすいものを近づけない。
  7. 寝る前に必ず火元、戸締まりを確かめる。

防災標語
消したはず 消したつもりに 再確認
火の用心 明日の幸せ みんなの笑顔
みんなの笑顔 あすにつなげる 火の始末
幸せを あしたにつなぐ 火の用心

円山町では、年末に町会による防災警戒を行っています。
『火の用心』と声を合わせ、
拍子木を打ち、町内を巡回しました。

日時:25日〜27日 19時〜24時
巡回:20時〜・23時〜(2回巡回)
集合拠点:円山児童公園(円山町9-7)

 

落書き消し/10月13日

少人数ながら、落書き消しが行われました。

渋谷区総合防災訓練/2012

9月1日は「防災の日」です。

代々木公園で行われた、「渋谷区総合防災訓練」に、
円山町会・防災部長と共に参加いたしました。


日本は、毎年のように災害に襲われています。
現在も首都直下地震や東海・東南海地震など多くの災害が懸念されています。

いざという時のために日頃からの備えをしっかりと行い、
地域や職場で助け合うためにも正しい知識と技能が必要不可欠です。
そのために大切なことが繰り返し行う訓練です。

9月1日(土)9時~12時30分
代々木公園B地区

主な訓練項目

発災初動期の訓練

地域住民と関係機関・団体が連携した対応訓練です。事前に決めた役割分担に従い、

  • 発災直後の身の安全確保
  • 現地本部の設置
  • 情報収集
  • 安否確認
  • 初期消火
  • 応急手当

防災機関災害対応訓練

  • 市街地延焼火災訓練
  • 救出救助訓練
  • 災害医療対応訓練
  • 避難道路啓開訓練

復旧・支援訓練

  • ライフライン復旧訓練
  • 避難所開設訓練
  • 特設公衆電話開設訓練
  • 救援物資・飲料水緊急輸送訓練
  • 炊き出し訓練

帰宅困難者対応訓練

渋谷区帰宅困難者対策協議会と連携し、帰宅困難者の避難誘導訓練

第13回 大向地区町会連合・防災訓練

 第13回 大向地区町会連合防災訓練

2012年7月1日(日曜)

開催時間:9:10~12:00

渋谷区立松涛中学校にて、
第13回 大向地区町会連合 防災訓練が行われました。

震災後、防災意識も高まり、多くの方々の参加がありました。


訓練内容

  1. 避難誘導訓練
  2. 応急救護訓練
  3. 初期消火訓練
  4. D級ポンプ訓練
  5. バケツ消火訓練
  6. 避難所体験(仮設トイレ、非常用品の展示啓発)
  7. 炊き出し訓練
  8. 起震車体験(地震が起きた際に冷静な対処ができるよう体験)
  9. 煙体験ハウス(煙の怖さを体験する。地面に近いほど煙が少ない)

主催

  • 渋谷区大向地区防災会議

協力

  • 渋谷区消防署松涛出張所
  • 渋谷区消防団第一分団
  • 渋谷区防災課・区立松涛中学校
  • 日赤奉仕団大向分団
  • 読売新聞センター

円山町内の消火栓・街区消火器マップ

円山町周辺の消火栓・街区消火器の位置を憶えておいてください。


より大きな地図で 消火栓・街区消火器マップ を表示

街区消火器

地震に伴う、同時多発火災に対応するため、区内の道路上に、消火器を配備しています。
おおむね100mごとを基準に配置していますが、密集した住宅地では60mごとに、公園や大型事業所沿いでは200mごとに配置しています。
現在、渋谷区全部で2,310本が、いつでも使える状態になっています。
円筒形のボックスの中には、10型消火器が格納してあります。
粉末または中性強化液型で、普通火災はもちろん、油火災・電気火災にも適応しています。
震災時に限らず、火災を発見したときは、この消火器を使ってください。
【問い合わせ】防災課災害対策係(電話:03-3463-1589)

円山町会周辺の消火栓

大地震など複数地点で火災が起きると、消防署の消火能力を超えてしまいます。
消防署への緊急電話後、住民による初期消火のため円山町児童公園のD級ポンプなどを使い、この消火栓からホースで放水します。
 D級ポンプの使用方法などは、「大向地区町会連合防災訓練」などに参加して体験することができます。

なお非常時に備え、町会役員は消化器を持っております。
非常時には、これらを使用していただくこともできます。

また、渋谷区では「消火器の購入と薬剤詰め替えのあっせん」も行なっています。

渋谷円山町会・防災倉庫拡張工事によせて

昨年(12月14日)暮れ、念願でありました円山児童公園の防災倉庫を
渋谷区の計らいで、大きくすることができました。
これにより分散していた防災用品や防災機器の集積ができ、
緊急時の対策本部等々、ベースが確保できました。

この倉庫完成には円山町会青年部の方々の多大なる力添えがありました。
業者探しから工事日程の調整、その他のことを、
それぞれがご自分のお仕事の合間を使って迅速に処理し、
昨年内に修めることができました。
ひとえに若い方々の行動力の賜物と、町会長として心より感謝いたします共に、
今後ともより一層のご協力と町会への支援をお願いいたします。

渋谷円山町会 町会長
大嶋 正義

4 / 71234567