安全で快適な町を、

自分たちの手で

自分の家族が安心して暮らせる町でありたい。
手をこまねいて、また他人任せにしないで、
できることは自らが考え、進んで行動しよう。
そんな想いから「落書き消し」が始まりました。
ぜひ、みなさん参加してみてください。
よろしくお願いします。

 

安全で快適な町を、

自分たちの手で

自分の家族が安心して暮らせる町でありたい。
手をこまねいて、また他人任せにしないで、
できることは自らが考え、進んで行動しよう。
そんな想いから「落書き消し」が始まりました。
ぜひ、みなさん参加してみてください。
よろしくお願いします。

渋谷に限らず、多くの市区町村が「落書き」に悩まされています。

「落書き」は、私たちの町の美観を損ない、不快感を与えるだけでなく、別の犯罪の発端となると考えられています。(割れ窓理論 – Wikipedia
また誰が書いたのか分からない「落書き」が放置されれば、「この地域では消されない」とばかりに、「落書き」が「落書き」を呼びよせ、増殖していきます。

わたしたち円山町会でも「美しい町づくり」と、犯罪を小さいうちに摘み取る第一歩として、2007年4月より町内の心ない「落書き」を消去し、ベタベタと貼られた「シール」を除去することに取り組んできました。

このことで「小さな犯罪も許さない」というメッセージを、円山町地域内外に強くアピールします。

ひとりひとりが「きれいで安全な町を作る」という想いを持ち、小さいながらも活動を継続することで、犯罪を防ぐ大きな力になり、「安全で安心な町」を形成することができると考えています。

是非とも、これらの活動への参加と、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

cmp_rakugaki_11
cmp_rakugaki_11


割れ窓理論

建物の窓が壊れているのを放置すると、
誰も注意を払っていないという象徴になり、
やがて他の窓もまもなく全て壊される。

治安が悪化するまでには次のような経過をたどる。

  1. 建物の窓が壊れているのを放置すると、それが「誰も当該地域に対し関心を払っていない」というサインとなり、犯罪を起こしやすい環境を作り出す。
  2. ゴミのポイ捨てなどの軽犯罪が起きるようになる。
  3. 住民のモラルが低下し、地域の振興、安全確保に協力しなくなる。それがさらに環境を悪化させる。
  4. 凶悪犯罪を含めた犯罪が多発するようになる。

したがって、治安を回復させるには、

  • 一見無害であったり、軽微な秩序違反行為でも取り締まる(ごみはきちんと分類して捨てるなど)。
  • 警察職員による徒歩パトロールや交通違反の取り締まりを強化する。
  • 地域社会は警察職員に協力し、秩序の維持に努力する。
    引用:Wikipediaより
Bordeaux
シネマヴェーラ(映画館)
鳥はる 神泉
レンタル着物あき
ホテル・ベネティアン
薬師http://ysty.jimdo.com
ワイン食堂がっと
Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+Pin on Pinterestshare on TumblrEmail to someonePrint this page