御鎮座、寛治6年正月15日(1092)金王八幡宮(渋谷警察裏)の祭典の中で最大の祭です。青山及び渋谷氏子区域の祭礼で、五穀豊穣や無病息災を祈願して約900年以上続いています。毎年九月の第三土日の2日間、各町会には神酒所が設けられ、各町の御神輿が渋谷の街を練り歩きます。日曜日の午後2時ごろ渋谷地区では道玄坂109前で、青山地区では表参道と246の交差点付近で、それぞれ神輿が集合し式典を受ける連合渡御がおこなわれます。神社境内には露天商が軒を並べ、神楽殿では里神楽などの催し物が行われます。

平成24年(2012)金王八幡宮例大祭・円山町会お神輿(たっぷり20分)
動画(高画質)

平成24年(2012)金王八幡宮例大祭・円山おんな神輿(5分23秒)動画(高画質)

平成24年(2012)金王八幡宮例大祭・他町会-神輿(9分20秒)動画(高画質)

Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+Pin on Pinterestshare on TumblrEmail to someonePrint this page